おすすめ記事 準備編

やっぱり危険?女性の海外ひとり旅の7つの注意点とおすすめの国3選!

本ページはプロモーションが含まれています。

「女性の海外ひとり旅ってやっぱり危険なの?」
「女性だけど海外一人旅を一度は経験してみたい!」

人生で一度は耳にしたことがある”海外一人旅”という言葉。
女性でも「行ってみたい!」という方は少なくないのではないでしょうか。

私も大学生の頃に海外旅行にハマり、20歳でオーストラリアに初めて一人で旅行をしましたが、今でも忘れられない思い出になっています。

この記事では女性目線で、女性が海外ひとり旅に行く際の注意点やおすすめの国をご紹介します。

この記事で分かること

  • 女性の海外ひとり旅は危険なのか
  • 女性の海外ひとり旅で注意するべきこと
  • 女性ひとり旅におすすめの国

私の実際の経験を踏まえて、どのように海外ひとり旅を楽しめばよいかを解説しますので、この記事を読めば、女性一人でも不安なく海外に行けること間違いなしですよ。

それでは早速見ていきましょう。

おすすめ記事:【旅行の神アプリ降臨】ポイントだけで旅行に行ける「エアトリ」について解説!

女性の海外ひとり旅は危険なの?

結論、女性の海外一人旅は「危険」であることに違いはありません。

そして、特に日本人女性にとっては危険です。理由は2つあります。

一つ目は、日本は世界でも最も安全な国と言えるほど治安がいいこと。もちろん、最近は日本でも物騒な事件が起きたりもしていますが、やはり海外と比べれば圧倒的に治安は良いのです。

二つ目は、日本人の人柄。日本人は基本的には相手を思いやり、優しい人が多いです。海外では「自分」が中心ですから、知らない人や他人に対して日本ほど気を遣う国民性は珍しいのです。

このように普段から治安が良いことに慣れ、知らない人に対しても基本的に優しい、そしてそれが女性であるとなると、海外の犯罪者にとってはかなり都合の良い標的となってしまうと思いませんか?

しかし、だからといって女性の海外ひとり旅を諦める必要はありません。私自身、これまで何度か一人で海外に行き、安全に楽しんで帰ってきています。

日本にいるときと同じ「平和ボケ」状態で行くのではなく、きちんと警戒と対策をすれば一人旅ならではの醍醐味も味わうことが出来ます。ただ、どのような心構えで行けばいいのか、事前にしっかりと理解してから行くことだけは忘れないで下さい。

エポスカードのアイコン

エポスカード面倒くさい保険の手続きから解放される

エポスカードの特徴
  • 年会費が永年無料
  • 18歳以上から申請ができる
  • 海外旅行保険は最高500万円
  • 登録時に2000ptをプレゼント
  • 旅行者の最強のパートナー

女性の海外ひとり旅で守るべき注意点7つ

それでは、女性の海外一人旅での具体的な対策を紹介します。

これらを参考に気を引き締めながら楽しんでくださいね。

1.夜は1人で出歩かない

基本中の基本ですが、夜は一人で出歩かないようにしましょう。繁華街で人が多い場所、明るい場所であっても犯罪は起きます。

日本とは違うということを常に頭に入れて、夜はホテルでゆっくり過ごすなど安全を第一に考えて過ごしましょう。

2.人通りの少ない道は歩かない

地図アプリの道案内に従っていると、人通りが少ない道がでてくることもあります。

「ここはなんだか人が少ないし危なそうだな…」と少しでも感じた場合は、行くのはやめましょう。また、道案内自体に気を取られてしまうことも少なくないので、しっかりまわりを見ながら歩いてください。

3.スマホの持ち歩きに注意する

海外では特に、命の次に大切とも言えるスマホ。私は日本では普通のケースを使っていますが、海外に行くときはネックストラップ付きのケースにしています。

首から下げて、ひったくられたり盗まれにくいように肌身離さず持ち歩くようにしましょう。

参考:海外旅行でおすすめの防犯グッズ

4.露出の多い服を着ない

海外では露出の多い服を着ている人も多いですが、女性一人で行く場合は露出の多い服を着るのは避けたほうが無難です。やはり、肌が見えるとその分目に止まりやすくなります。ノースリーブやタンクトップを着る場合も、上着を持っていくようにしましょう。

5.高価に見えるものやブランド品は身につけない

明らかに高価なブランド品はもちろん、日本人にとってはあまり高価ではないものでも、行き先によっては高級品と捉えられるものもあります。

たとえば、南米ではiPhoneは型が古いものでも高級品です。本当は安いけど高く見える「高見え」アイテムは、日本では優秀でも海外ではデメリットになる場合もあるので注意してください。

参考:大失敗した経験談&8つの防犯対策も解説!

6.お店でのアルコールは控えめに

一人で飲むのが好き、という方も、できるだけレストランやバーで飲むのは控えて、ホテルの部屋で飲むなどにするのが無難です。

酔っ払ってしまうことに対してはもちろん、お店で出される飲み物には何が入っているかわからない、くらいの警戒心を持っているくらいがちょうどよいですよ。

7.男性だけでなく女性にも注意する

男性に声をかけられたり、ナンパされたり、などはもちろんスルーしてほしいのですが、女性にも警戒心は持っておきましょう。

優しそうな女性が声をかけてきて、一緒にご飯を食べていたら男性と組んでいて犯罪に巻き込まれる、というケースもゼロではありません。もちろん本当にいい人の場合もあるのでバランスが難しいところではありますが、男女ともに知らない人に対しては基本的に警戒しておきましょう。

女性ひとり旅におすすめの国3選

注意点を踏まえた上で、女性ひとりでも楽しめる海外旅行先を3つご紹介します。

「治安が良い」「街が比較的きれい」「英語が通じる」「日本から遠すぎず直行便がある」という点から選んでいますので、ぜひ参考にしてみてください。

参考:海外旅行で必要な女性の持ち物23選!|元旅行会社OLが厳選紹介

オーストラリア

オーストラリア

私が20歳で海外一人旅デビューした際の旅行先は、オーストラリアのシドニーでした。オーストラリアは英語が通じますし、特にシドニーは治安がいいとされているので個人的にかなりおすすめです。

街はきれいで食べ物も美味しく、こじんまりとした街なので街歩きもしやすいです。

オペラハウスはもちろん、歩いているだけで絵になるスポットがたくさんですよ。暗くなってからも街の中心部は明るく、ここでは怖い思いを感じることもありませんでした。

シドニーの他には、世界の住みたい街ランキングの常に上位にいるメルボルンもおすすめです。

参考:初めてのオーストラリア旅行の基礎情報・おすすめスポット

タイ

タイは首都バンコクまで日本から6~7時間ほどで着くので、気軽に行くことができますね。

日本人女性の一人旅旅行先としても人気で、東南アジアの異国情緒あふれる雰囲気にハマってリピーターも多い国です。

タイの公用語はタイ語のみですが、中心地であれば英語も通じますし、治安も比較的よく、物価も安いです。

また、バンコクだけでなく、第二の都市チェンマイも魅力的なんです。大都市のバンコクとは違ってのんびりした雰囲気を感じられるので、都会の生活に疲れた方にもおすすめです。

エアトリアイコン

エアトリ

航空券・飛行機のチケット予約ができるアプリ

★★★★☆(3.9)3036件の評価

\アプリ限定でポイント還元率MAX8%!/

シンガポール

シンガポール

シンガポールも日本から6~7時間で着くので行きやすいですね。

シンガポールは罰金大国としても有名なだけあって、街が非常に清潔できれいです。

国全体の面積が、東京23区の面積とほぼ同じという小さな国なので、女性一人でもサクッと楽しんで帰って来れます。

英語も公用語に含まれています。多民族国家なので、アジアの文化も西洋の文化も感じられ、チャイナタウンでアジアを感じたすぐその先に、ヨーロッパ風のおしゃれなカフェが現れたりと、飽きることがないですよ。

近未来的な刺激を感じたい人にもおすすめです。

参考:初めてのシンガポール旅行の基礎知識・おすすめスポット

質問コーナー

旅ブロ質問コーナー
“ 海外旅行の疑問を解決しておきたい! ”

まずは興味のある項目をクリックしてみましょう。

Q.ツアーと個人旅行ってどっちがいい?

初めての海外旅行なら、ツアーがおすすめです。

とはいってもツアー・個人旅行、それぞれにメリットとデメリットがあります。

ツアーの特徴 個人旅の特徴
  • 予定を決めてくれる
  • トラブルに対処してくれる
  • 安心安全の旅行
  • とにかく自由
  • 途中でプランをアレンジ可
  • 自分だけの体験が手に入る
  • 予定がキツキツ
  • 意外にお土産を買う時間少なめ
  • 周りと同じ体験
  • 全部自分の責任
  • トラブルは自分で解決

ツアーを利用しても、ぶっちゃけ個人旅行と値段も変わりません。(お金の使い方で変わってきます)

初めての海外旅行で自由を求める人もそんなにいないはずです。そのため、少しでも不安要素を取り除きたい人はツアーを利用すると良いでしょう。

※予約はキャンペーン期間中がおすすめです。全然値段違います。

Q.海外って眠れないって聞くけど..。

飛行機・海外(現地のホテル)で、なかなか眠れないという声をよく聞きます。

実際、私も日本と現地の時差や慣れない安宿に泊まると全く眠られなかったんですよね。

これにはしっかりとした原因があります。

寝られない時の原因

  • センシティブ・スリーパー
  • 時差ボケによる睡眠不足
  • 海外の食事による睡眠不足
  • 寝泊まりするホテル選びのミス

これらを解決したり、睡眠グッズを持参していくことで私の場合は解消されました!

不眠を改善できる睡眠促進グッズ10選

Q.海外旅行って犯罪が多いの?何に気をつけたらいい?

海外では詐欺・窃盗・強盗・ぼったくりなどが多発している地域があります。

外務省の安全ホームページを確認するのと、「たびれじ」に登録しておくと、渡航先の最新情報をチェックすることができます。

また、犯罪は防犯意識と防犯グッズでも対策することができます。詳しくは下記の記事で解説しています。

危険を回避できる防犯グッズについて知る

Q.英語できないんだけど、大丈夫?

英語ができないことは海外旅行程度ではそれほど問題になりません。

海外のコミュニケーションで1番大事なのは気持ちです。

ジェスチャーや中学生英語でも十分なんです。

ただ、「少しでも英語を勉強しておきたい」「コミュニケーションで困りたくない」という人は下記の記事を参考にしてください。

海外旅行で役立つ英語本をジャンル別で徹底解説!独自の勉強法も紹介!

Q.海外旅行に何を持って行ったらいいの?

初めての海外旅行なら、全てが大事な気がして、どれを持って行けばいいのかわからなくなりますよね。

でも実は海外旅行の持ち物は最低限でいいんです。

荷物を軽くすることだけを考えておきましょう。

持って行けないものや、機内に持ち込みができないもの・税関で止められるものもあるので、そこは注意しておきましょう。

初めての海外旅行の持ち物チェックリスト28!注意点も解説

Q.初めての海外旅行ならどこの国がおすすめ?

初めての海外旅行でおすすめな国はありません。

というのも、おすすめの国が多すぎるからです。

どの国がいいかわからなくなった時は、まずあなたの旅行の条件を考えてみるといいでしょう。

とにかく安い国! クオリティー重視でオシャレな国がいい! 大自然を満喫したい! 激うま料理を楽しみたい 買い物が楽しめる国がいい!

これを決めるだけで、渡航先は一瞬で決まります。

初めての海外旅行おすすめランキング!シチュエーション別に厳選33カ国を紹介!

Q.どのサイトから予約すると安いの?

エアトリのアプリから予約するのがおすすめ!

航空券とホテルをセットで予約すると、ホテル代が最大70%も安くなる「エアトリプラス」があります。

さらに、エアトリは年中キャンペーンを開催しています。

ポイント還元祭や、【MAX88%OFF】割引航空券など、利用することで費用を格段に抑えることができるんです!

「エアトリ」で旅費が格段に安くなる方法を知る

まとめ

今回は女性の海外ひとり旅について解説しました。

繰り返しになりますが、日本ほど安全な国はありません。日本を一歩出れば日本の常識は通用しないと考えて、警戒しすぎるくらいでちょうど良いです。

しかし、適度な警戒と十分な対策さえ徹底すれば、女性一人の海外旅行もとっても楽しいです。

人生が変わる経験があなたを待っているかもしれませんよ。

女性一人ならではの最高の旅、ぜひ経験してみてください!

旅ブロインスタグラム

  • この記事を書いた人
旅BROプロフィール画像

旅BRO

大学の2年生の時に休学してから50カ国以上を旅してきました。 旅行から始まり▶︎留学▶︎バックパッカー▶︎ワーホリ▶︎海外ボランティアの経験あり。 さまざまな国に行って感じたことや経験したことをコミュニティを通じて 共有していきたい! これから海外に行こうと考えている方のサポートができるような記事を書いていこうと思います。

-おすすめ記事, 準備編
-