北米旅行

グアム旅行は現金いくら持っていく?一人旅でかかった旅費を公開|治安・持ち物などの基礎準備も紹介

本ページはプロモーションが含まれています。

本ページはPRが含まれています。

初めての海外旅行 グアム

グアムは日本から1番近いアメリカといわれています。日本からは直行便があるので、飛行機のアクセスがしやすいです。

グアム旅行は2泊3日あれば十分に楽しめるので、週末に気軽に行けるビーチリゾートとして人気を誇っています。
また、日本人観光客が多く日本語が通じる所も多いので、初めての海外旅行にもおすすめです。

この記事では、初めてのグアム旅行で感じた私の経験をもとに、一人旅でかかった費用や事前に知っておきたかったことをまとめました。

グアムの基本情報や常識、必要な持ち物、現地で注意することなどを詳しく解説します。

初めてのグアム旅行を検討している方は、ぜひ参考にしてくださいね。

hion
旅人クリエイター
hion
旅と映画を愛する28歳。学生時代にワーホリやバックパッカーを経験し、新卒で旅行会社に就職。コロナを機に映像制作の世界に飛び込み、現在は「旅人クリエイター」として「ワクワクする旅情報」を発信中!
お仕事の依頼はこちらから

初めてのグアム旅行では現金をいくら持っていく?

現金いくら持っていく?の画像

グアムではクレジットカードを使えるため、現金は5〜10万円程度持参しておくと安心です。
(目安としては、1日あたり1〜2万円)

しかし、グアム旅行でかかる費用は「旅行日数」と「旅行での楽しみ方」によって大幅に変わります。

例えば、ローカルのお店に行きたい!ツアーじゃない現地のアクティビティーをしたいとなると現金が必要になる場合があります。

アクティビティーに関してはハロアクで予約すると現地で支払う必要がないので、おすすめですよ。

現金多く持っていって、また日本円に変えるの面倒と思う人もいるかもしれませんが、最悪、少し現金が余った場合は空港に置いてあるポケットチェンジで換金できるので全然問題ありません!

▼海外でおすすめのクレジットカードは「エポスカード」

エポスカードのアイコン

エポスカード面倒くさい保険の手続きから解放される

エポスカードの特徴
  • 年会費が永年無料
  • 18歳以上から申請ができる
  • 海外旅行保険は最高500万円
  • 登録時に2000ptをプレゼント
  • 旅行者の最強のパートナー

私がグアム一人旅でかかった旅費は15万円

グアム一人旅でかかった費用を公開

私がグアムの一人旅でかかった費用は約157,618円でした。

2泊3日のちょっとゴージャスな旅行をしてきました!かかった費用の内訳は以下の表をご覧ください!

一人旅でかかった費用
航空券とホテル 91,338円
マリンアクティビティ 14,500円
食事代 30,820円
合計 20,960円
お土産 171,743円

私の場合、ホテルは少し豪華にしたかったので、ホテルと航空券をセットで予約したらセット割になるエアトリで購入しました。

航空券とホテル込みの2泊3日で9万円程度です。

あとは、格安のアクティビティ、食事、お土産です。

航空券やホテルなどは早めの予約が安くなるのでおすすめですよ!

エアトリアイコン

エアトリ

航空券・飛行機のチケット予約ができるアプリ

★★★★☆(3.9)3332件の評価

\アプリ限定でポイント還元率MAX8%!/

関連記事:旅行計画の上手な立て方7ステップ!旅で失敗しないコツ&便利ツールも紹介

【渡航前にチェック】グアム旅行の基本知識&準備

初めてのグアム旅行の前に知っておくべき基本情報をまとめました。

時差はあるの?飛行時間はどれくらい?

グアムは日本より1時間早く進んでいます。時差はたったの1時間なので、時計を現地時間に合わせるのが簡単です。

また、グアムまでの飛行時間は平均して約4時間ほどです。時差ボケの心配もなく、国内旅行の感覚で旅行できます。

初めてのグアム旅行におすすめの季節は「12月〜4月」

初めてのグアム旅行のおすすめの時期は、乾季の12月〜4月です。

この時期は海の透明度が上がるので、アリンアクティビティをより一層楽しめます。

私は2月の中旬にグアムに行きました。

平均湿度が70%のグアムですが、私が渡航したときは風があり、日本の夏より過ごしやすいと感じました。

日本の寒さから逃避したい人は特におすすめです。

グアムの治安は正直△

グアムの治安は比較的安全ですが、観光客を狙った犯罪が発生しています。スリや置き引きには十分注意してください。

以下の3点を意識して観光しましょう。

防犯対策

  • 荷物は肌身離さず持ち歩く
  • 多額の現金を持ち歩かない
  • 夜中の外出は控える

バックパッカーが厳選!海外旅行の防犯グッズ12選

グアムの通貨は$(ドル)

グアムの通貨はアメリカドルで「$(ドル)」と表記されます。

2024年1月現在のレートは1ドル=約147円です。

チップは必要?

チップとは、自分が受けたサービスの対価として支払う代金のことをいいます。

ホテルやレストラン、タクシーなどを利用した合計金額の10〜20%のチップを支払うのが目安です。

ホテルでは、客室清掃の人に渡すタイミングがないので、部屋を出るときにベットの上に1〜2ドル置きましょう。

最近では会計の際に、チップ代金が含まれた金額で請求されることも多く、その場合はレシートの下記部分にチップ代金が記載されています。

また、チップは必ず紙幣で渡しましょう。

初めてのグアム旅行で必ず準備すべき持ち物一覧表

グアムに入国する前に、どんな事前準備が必要なのかをお伝えします。

持ち物一覧
パスポート 海外はパスポートが絶対必要です。
>海外旅行の事前準備
日焼け止め グアムは日差しが強めです。現地で探すのも面倒なので持っていきましょう。
>液体の機内持ち込みルール
サングラス 紫外線が強いので持っていきましょう
着替え 旅程に合わせて
常備薬 念の為に、頭痛薬、下痢止めは持っていきましょう
海外旅行保険 万が一に備えておきましょう。3ヶ月未満であれば、エポスカードの海外旅行保険で十分です。
SIMフリースマホ 海外で電波を使う時はSIMフリースマホで格安eSIMの利用がおすすめ。(Wi-Fiは少し高くなります)
モバイルバッテリー 移動などで電池を使いすぎてしまった時のためにあったら安心です。
>海外旅行でおすすめのモバイルバッテリー5選

特に日焼け止めやサングラスなどの、紫外線対策グッズは絶対に持っていきましょう。

グアムは一年中夏服で過ごせるほど快適ですが、日本よりも紫外線がかなり強いです。

私は現地で、日焼け止めを塗り忘れてしまった部分が、10分程で肌が真っ赤に日焼けしてしまいました。

現地でも購入できますが、英語表記で分かりづらかったり、肌に合わなかったりするので、使い慣れているものを持参するのがベストです。

関連記事:【元旅行会社OLが厳選】海外旅行で必要な女子の持ち物チェックリスト

また、あまり馴染みがない人も多いですが、海外はeSIMがおすすめです。私の場合はトリファのeSIMを使いました。

電波は移動でしか使わないので、1GB(1,420円)を購入しました。現地についてからすぐに利用できるので非常におすすめです!

トリファアイコン

トリファ - 海外旅行用に最適なeSIMならtrifa

海外旅行に利用できる最適なeSIMを現地レート価格でお届け

★★★★☆(4.0)141件の評価

“100%返金保証”に対応

\24時間安心サポートで鉄壁のフォロー/

初めてグアムに旅行する人がよくする質問

ここでは初めてグアム旅行に行く人からよく受ける質問を紹介します。

グアムに旅行に行くなら何月がベストですか?

グアム旅行のおすすめの時期は、乾季の12月〜4月です。

12月〜4月は気温も26-30度と最適で、アリンアクティビティも楽しめます。

グアムに3泊4日で旅行に行くのにいくら持っていけばいいですか?

私が一人旅でかかった費用は15万円程度です。

そのほとんどが日本国内で予約していたものだったので、現地に持参した現金は5万円程度でした。

ただ、基本クレジットカードでの支払いだったので2万円弱はあまりました。

グアムの一人旅でかかった必要の内訳

グアムに2泊3日で旅行するにはいくらかかりますか?

旅行の楽しみ方や渡航時期にもよりますが、15万円あれば十分に楽しめます。

グアム旅行に必要な現金

グアムで行ってはいけない場所は?

特定の場所での安全が確保されていることを保証することは難しいですが、一般的な安全のために避けた方がよい場所はあります。

例えば、夜間の孤立した場所や治安の悪い地域、不法行為が多発しているとされる一部の地域は避けるべきです。

観光客にとって安全性が疑問視されている場所には警戒することが大切です。

グアムの治安の最新情報は「旅bro海外安全情報 by外務省」で確認してみてください。

グアムは危険ですか?

グアムは人気の観光地ですので、そこまで危険ではありません。

しかし、観光客を狙った犯罪も発生しています。スリや置き引きには十分注意してください。

防犯対策

  • 荷物は肌身離さず持ち歩く
  • 多額の現金を持ち歩かない
  • 夜中の外出は控える

バックパッカーが厳選!海外旅行の防犯グッズ12選

グアム入国にビザは必要?

グアム入国の際は、観光目的で90日以内の滞在であればビザの取得は必要ありません。

その代わりに出入国カードの提出が必要です。

出入国カードは機内で配布されるので、入国手続きの前に記入しておきましょう。また、滞在日数が46日以上になる場合は「電子渡航認証システム(ESTA)」の申請が必須です。

グアム旅行に必要のないものは?

電源変換プラグと変圧器は必要ありません。

グアムの電源プラグは日本と同じAタイプなので、そのまま差し込めます。

また、電圧も日本とそこまで差がないので、日本の電化製品を問題なく使用できます。

グアムは日本と違う常識があるの?

グアムで飲酒できるのは21歳からです。

お酒の購入やバーに入店する際に、年齢確認されることが多いので、パスポートなどの身分証明書は持ち歩くのがおすすめです。

また、ビーチや公共の場での飲酒は禁止されているので、注意しましょう。

グアムで日本語が通じるってホント?

驚くことにグアムでは、ほとんどの場所で日本語が通じます。

日本人観光客が多いので、日本語のメニューが用意されていたり、スタッフも日本語で対応してくれたりします。

私がグアムに行ったときに空港からホテルまで送迎してくれた現地の方も、日本語でコミュニケーションを取ってくれました。

グアムに持ち込めないものは?

グアムへの持ち込みが禁止されているのは、肉、卵、乳製品などです。

特に気をつけてほしいのが、インスタント食品です。持ち込み禁止成分の、肉エキスなどが含まれているので注意が必要です。

食べたくなった場合は、現地のスーパーなどで調達しましょう。

まとめ:初めてのグアム旅行は20万円あれば十分楽しめる

初めてのグアム旅行の前に、知っておきたいことを解説しました。

特に初めて訪れる国では、事前に情報をしっかり集めることで、当日の予定がスムーズに進みます。

グアムは日頃の疲れを癒やして、非日常を味わいたい方にピッタリのビーチリゾートです。

国内旅行の感覚で、週末に気軽に行けるのも、グアム旅行の魅力のひとつです。

ぜひこの記事を参考にして、初めてのグアム旅行を楽しんでくださいね。

  • この記事を書いた人
旅BROプロフィール画像

旅BRO

大学の2年生の時に休学してから50カ国以上を旅してきました。 旅行から始まり▶︎留学▶︎バックパッカー▶︎ワーホリ▶︎海外ボランティアの経験あり。 さまざまな国に行って感じたことや経験したことをコミュニティを通じて 共有していきたい! これから海外に行こうと考えている方のサポートができるような記事を書いていこうと思います。

-北米旅行
-