持ち物

バックパッカーの持ち物(荷物)は最低限でOK!56カ国経験者が事前準備についても解説

本ページはプロモーションが含まれています。

本ページはPRが含まれています。

必須アイテム

バックパッカーは少ない予算・少ない荷物で、色々な国を旅すること。

しかし、少ない荷物と言っても、何を持って行くべきかよく分からない人も多いはず。

この記事では初めてのバックパッカーでは荷物を持って行きすぎて、めちゃめちゃ後悔した私が

「これはいる」「これは要らん」を厳選して紹介します。ぜひ最後までご覧ください。

バックパッカーの持ち物は最低限でOK

バックパッカーで海外に行くのであれば、最低限の持ち物で十分です。

まず、持ち物を最小限に抑えることで荷物が軽くなります。長時間の移動はもちろん、トレッキングなどのアクティビティがしやすくなります。

また、荷物が少ないと航空運賃や公共交通機関の料金を節約できます。

利用する航空会社にもよりますが、基本的に7キロ以内なら無料です。
そのため、観光やアクティビティ、食事に最大限お金を使えます。

ちなみに、個人的には荷物を少なくする最大の理由は、自分の所有物を管理しやすいので紛失物を防止するって目的もあります。

バックパッカーで必須級の持ち物リスト

とは言っても、最低限持って行くべきものもあります。バックパッカーで必須級の最低限の持ち物は以下の通りです。

  • パスポート
  • ビザ
  • 現金
  • クレジットカード
  • 旅行保険
  • 必要な薬
  • スマホと充電器

▼パスポート

海外での滞在にはパスポートが必要です。有効期限を確認し、予備のコピーを持参しておくことで、紛失や盗難の場合に備えます。

▼ビザ
訪れる国がビザを要求する場合、事前に申請し、必要な文書を持参しましょう。ビザを持たずに入国すると法的な問題が生じることがあります。

▼現金とクレジットカード
渡航する国の通貨情報を理解し、為替レートを確認しておくと、現地での支出がスムーズになります。

また、旅行資金を確保するため、現金や国際利用可能なクレジットカードを持参し、複数の支払い方法を用意しておくことが大切です。

▼旅行保険
突発的な病気、ケガ、旅行の中止などの予期せぬ出来事に備え、適切な旅行保険を購入し、保険証書を持参しましょう。

エポスカードであれば、旅行にかかるお金を支払うことで3ヶ月間の保険に入れます。3ヶ月以内の旅行に行く人は必須級です。

エポスカードの海外保険については「海外旅行の保険ならエポスカードで十分!エグすぎる補償内容を体験談とともに徹底解説!」で詳しく解説しています。

エポスカードのアイコン

エポスカード面倒くさい保険の手続きから解放される

エポスカードの特徴
  • 年会費が永年無料
  • 18歳以上から申請ができる
  • 海外旅行保険は最高500万円
  • 登録時に2000ptをプレゼント
  • 旅行者の最強のパートナー

▼必要な薬
持病や特定の薬物を服用している場合、十分な薬を持参し、処方箋のコピーを用意しておくことが重要です。
旅行先で必要な予防接種: 旅行先で感染症が流行っている場合、予防接種を受けることが必要かもしれません。

▼SIMフリースマホと充電器
緊急時の連絡やナビゲーションに役立つため、スマートフォンと国際ローミングまたは現地SIMカードを持参しましょう。

最近流行りの格安eSIMについて「【6社比較】海外旅行で使えるおすすめのeSIM!メリット&デメリット・切り替え方法も紹介」で解説しているので、渡航前にはチェックしてみてください。

バックパッカーであったら便利な持ち物7選

この章ではバックパッカーで旅をするときに便利な持ち物を紹介します。

バックパック

バックパックは旅人の命です。何度も旅に行っていると旅の最高のパートナーになります。
バックパック選びで大事なのは以下の点です。

  • サイズ(機内・現地での取り回し)
  • 容量(宿泊日数により決める)
  • 機能面(どのような機能があるか)

関連記事:海外旅行用リュック36選|メンズ&レディースバックバック!防犯用も紹介

ショルダーバック

パスポート、クレジットカード、現金、チケットなどを整理して保管できるショルダーバックは便利です。

コンパクトなものは持ち運びも便利でおすすめです。

関連記事:海外旅行おすすめショルダーバッグ26選

予備のモバイルバッテリー

旅のスタイルによっては移動時間が長くなるバックパッカーはモバイルバッテリーも必需。

ただし、機内への持ち込みには注意が必要です。詳しくは「モバイルバッテリーを機内持ち込み・容量の注意点&預けてしまった場合の対処法」をチェックしてください。

防水シューズorサンダル

特にアジア圏では雨季と乾季しかない国もあります。
サンダルとぼうすシューズは必需品です。

また、トレッキングなどアウトドアが好きな人はハイキングシューズや軽量シューズがおすすめ!

旅行用洗濯袋

ラウンドリーは高いから自分で洗濯したい!

そんな人は旅行用洗濯袋がおすすめです。

洗濯の必要がある場合、旅行用の洗濯袋を使用して衣類を洗いやすくしましょう。

関連記事:旅先での洗濯方法&おすすめ洗濯グッズ4選|バックパッカー経験者が直伝

通訳機器or翻訳アプリ

海外で英語に自信がない人は通訳機器か通訳アプリをダウンロードしておくと便利です。

最近はAIとフリートークができる無料アプリもあるので、旅に行くまで時間がある人は下記のアプリで練習してみてください。



▼映像で英語を学べる「Plang(プレン)」
Plang(プレン)はドラマなどの映像でリスニング・スピーキングを鍛えられるアプリです。

手軽に映像で学べるので、時間がなくても大丈夫。スキマ時間で英語を学ぶことができます。

Plang(プレン)には有料版(3日間トライアル)もあり、月額1000円ちょいで以下の機能も使えます。

  1. AIとフリートーク
  2. AIからの(発音)フィードバック

AIでもかなりネイティブですし、 何よりもAIとの英会話の練習は、誰にも気を遣う必要がないので気楽に勉強できるところも◎

plangのアプリ

Plang(プレン) - AI英会話アプリ

AI英会話、リスニング、発音まで

★★★★★(4.7)20件の評価

▼AIと英会話練習ができる「スピーク」
「スピーク」はAIと英会話の練習ができるアプリです。アプリのダウンロード後に選択できる「英語を学ぶ目的」で「海外旅行」を選択しておけば、旅行で必要な英語を学ぶことができます。

また、現在の英語レベルも設定できるので、あなたの語学レベルに応じた難易度の学習が可能です。本格的に利用する人に向けた課金するプランもあります。

スピークのアプリ

スピーク(Speak)- 英会話アプリ

いつでも練習できるAI英語学習

★★★★★(4.6)4351件の評価

▼通訳にも翻訳にも活用できる「DeepL」

「DeepL」は翻訳にも通訳に使えるアプリです。ただの通訳というよりはかなり的確な表現で翻訳・通訳してくれます。

海外旅行ではこのアプリを持っているだけでコミュニケーションには困らないと言っても過言ではありません。

deepl

DeepL翻訳

テキストや写真、音声を翻訳

★★★★★(4.8)2.5万件の評価

【特に女性】バックパッカーは防犯が大事!

女性のバックパッカーが旅行する際、防犯はとっても重要です。

特に、女性が一人で旅行する場合は、被害にあわないように慎重な行動をするようにしましょう。例えば、

21時以降は外に出歩かない、設備の整った安全な宿に泊まる、派手すぎない適切な服装など。

防犯意識を高めておくことで確実に被害に遭う確率を下げることができます。

海外の失敗談と絶対に防犯グッズは「海外旅行 防犯グッズ12選|マジでやらかした経験談&8つの防犯対策」で詳しく解説しています。

よくある質問

ここではバックパッカーに関心のある人からよく受ける質問を紹介します。

Q「バックパッカーの男は何を持っていけばいいですか?」

男性のバックパッカーが必要な最低限必要な持ち物は以下のとおりです。

  • パスポート
  • ビザ
  • 現金
  • クレジットカード
  • 旅行保険
  • 必要な薬
  • スマホと充電器

本記事で紹介しているあったら便利な持ち物意外にも歯磨きセット、軽量タオルなど持っていくと便利です。

基本的に、日本の生活で最低でも1日1回は利用するものは持っていくようにしましょう。

Q「バックパッカーは何日滞在できますか?」

お金とビザが切れるまでは何日でも滞在できますよ。

ビザは申請がややこしい国もあるので渡航前には必ずチェックしておくようにしましょう。

Q「バックパッカーは服を何着用意すべき?」

3着あれば問題ありません。

私の場合は1着しか持っていかず、現地で調達します。荷物が重いのが嫌なので...。

Q「旅行は何日前からパッキングする?」

私の場合は気持ちがたかぶるので1週間前から用意します。

一般的には2.3日前くらいから用意し始めるようです。

ただし、パスポートの申請や更新は1ヶ月前からするようにしましょう。

Q「バックパッカーって何をするの?」

バックパッカーは好きな国を好きな場所を好きなように旅します。

現地の生活を味わいながら旅をするのです。

Q「バックパッカーが気をつけることは?」

バックパッカーで何よりも気を付けるべきは犯罪です。

犯罪と言っても、詐欺やスリ、強盗など様々です。

犯罪を防ぐためには犯罪のシチュエーションや防犯意識を高めることが非常に大事です。

まとめ:バックパッカーなら持ち物は現地で調達せよ!

この記事ではバックパッカーの持ち物について紹介しました。

結論、バックパッカーは最低限の持ち物で大丈夫です。

最悪、ある程度のものは現地で調達できるものがほとんどです。

できるだけ荷物を軽くして、移動を楽にすることが旅を楽しめる一つの要因です。

ともあれ、旅慣れていない人は、捨てる前提で荷物を持って行ったり、本記事で紹介したあったら便利なグッズを持っていくようにしましょう。

  • この記事を書いた人
旅BROプロフィール画像

旅BRO

大学の2年生の時に休学してから50カ国以上を旅してきました。 旅行から始まり▶︎留学▶︎バックパッカー▶︎ワーホリ▶︎海外ボランティアの経験あり。 さまざまな国に行って感じたことや経験したことをコミュニティを通じて 共有していきたい! これから海外に行こうと考えている方のサポートができるような記事を書いていこうと思います。

-持ち物
-