旅コラム

ミレストのバッグはださい?口コミと魅力を紹介!

本ページはプロモーションが含まれています。

本ページはPRが含まれています。

ミレストはダサい?口コミ記事のアイキャッチ

ミレスト(MILESTO)は、“毎日を旅するように暮らしたい”をコンセプトにした大人向けのバッグブランドです。

ミレストのバッグは、シンプルで機能的と評価される一方で「ださい」という声を耳にすることも。
実際のところ、ミレストは本当にださいのでしょうか?

この記事では、ミレストのバッグがなぜそのように言われるのか、そしてミレストの魅力について紹介します。

オシャレで可愛く旅するなら

ミレスト(MILESTO)はどんなブランド?

ミレストはどんなブランド?
ミレスト(MILESTO)は、ホットプレートで有名なBRUNO株式会社が展開する日本発のバッグブランドとして誕生しました。

旅行や日常生活での使い勝手を追求した、シンプルで機能的なデザインが特徴です。
ミレストの製品は、忙しい日常から解放され、旅を楽しむような気分を日々の生活にもたらすことを目指しています。

ミレストの特徴

  • BRUNOが展開する日本のバッグブランド
  • "毎日を旅するように暮らす"大人へ向けた旅支度のコンセプトブランド
  • 高機能でシンプルなデザイン
  • バックパック、スーツケース、ショルダーバッグ他、小物も展開
  • 実店舗は全国に12店舗(※2024年6月現在)

ミレストが「ださい」と言われる理由

ミレストがだあいと言われる理由は?
ミレストが「ださい」と言われる理由について検討してみました。

デザインがシンプルすぎる

ミレストのバッグはシンプルで機能的なデザインを重視していますが、そのシンプルさが一部の人々には「地味」や「平凡」と映ることがあります。
カラーバリエーションもベーシックな色合いが多いことから、トレンドに敏感な層や派手なデザインを好む人々にとっては、「ださい」と感じられることがあるようです。

トレンド感がない

ミレストは普遍的なデザインを追求しており、流行に左右されないスタイルを採用しています。しかし、ファッション業界で頻繁に変わるトレンドを追いかける消費者から見ると、最新の流行を取り入れていないミレストの製品は「古臭い」と見なされることがあります。

ブランドの認知度が低い

BRUNO株式会社は家電でのイメージが強いこともあり、バッグブランドを出していることを知らない人も多いでしょう。
ブランドの認知度が低いことで、ミラレスの良さが正しく伝わっていないことも「ださい」と言われる要因のひとつと考えられます。

ミレストの口コミを紹介

ミレスト口コミ
ミレストのバッグを実際に使った人のリアルな口コミを紹介します。

パソコン画面で見ていた感じより大きく、容量もたっぷりで荷物もかなり入ります。1泊旅行ぐらいだったら余裕で行けそうです。
背面のポケットも貴重品を入れるのに適していますし、トップの小ポケットも小物を入れるのにピッタリです。
形はカジュアルですがビジネスでも使えると思います。
ミレスト公式HP(LIKID サイドバックルバックパック)より

黒を購入。仕事PCの持運び時用にリュック型で探していました。
大きいのに重くはなく、背中面のスマホ用ポケット等配慮が細かく嬉しい。
十分な大きさなので、女性にはワンサイズ小さい方が似合いはしそう。私は荷物が多いので大きい方で正解。
その荷物による型崩れしない適度な硬さも良く満足です。
ミレスト公式HP(STLAKT バックパック)より

止水ファスナーと防水生地、背面ポケットに惹かれ購入。
3ヶ月ほどで止水ファスナーの圧着部が外れ、穴が空いてしまったので交換していただきました。
1代目も2代目もですが、背面ポケットのファスナーが、裏地を噛んでしまい、裏地が裂けてしまいました。
裏地に遊びがあるので、気をつけていても気が付くとファスナーが噛んでしまいます。
他の方はこのようなことはないのでしょうか。
背面ポケットには、ポケットティッシュ大のポーチに鍵を入れたものしか入れてないので、入れ過ぎということもないと思います。
この点に非常にストレスを感じます。
防水機能やポケットの大きさ・配置等はよいのですが…。
ミレスト公式HP(LIKID サイドバックルバックパック)より

全体的に悪い口コミは少なく、収納力の高さや持ちやすさなど使い勝手の良さに定評があるようです。
シリーズによっては大きすぎると感じることもあるようなので、近隣に店舗がある場合は実際に各サイズを比較してみるのがおすすめです。

実は素晴らしい!ミレストの4つの魅力

幅広い年齢層に人気なミレストの魅力について深堀りしていきます。

魅力① 長く愛用できるシンプルなデザイン

ミレストのバッグは、時代を超えて愛されるシンプルで洗練されたデザインが特徴です。

無駄のないデザインはどんなファッションにも合わせやすく、日常使いからビジネスシーンまで幅広く利用できます。
利用シーンや性別を選ばないデザインのため、流行に左右されず、男女問わず長く使い続けることができます。

魅力② 優れた機能性

ミレストのバッグは見た目のシンプルさだけでなく、優れた機能性も兼ね備えています。
たくさんの収納ポケットや、使いやすさを考えた配置、軽量でありながら耐久性のある素材など、ユーザーのニーズを細かく反映した設計が施されています。

特に旅行や通勤時に役立つ機能が充実しており、どんなシチュエーションでも快適に使えるバッグです。

魅力③ 抜群のコスパ

ミレストのバッグは、高品質な素材と優れたデザインでありながら、手頃な価格で購入できます。
長く使える耐久性と普段使いのしやすさを考えると、ミレストのバッグはコストパフォーマンスに優れていると言えるでしょう。

魅力④ GoodsPress カバン バックパック大賞受賞

STLAKTシリーズより、バックパックと3WAYボストンキャリーの2つが『GoodsPress 2024年6月号』(株式会社徳間書店)の『GoodsPress カバン&バックパック大賞』トラベル部門ソフトケースカテゴリにおいて、大賞を受賞。
バッグを知り尽くしたプロに、2024年のベストバイアイテムとして選ばれました。

オシャレで可愛く旅するなら

ミレストの人気&おすすめ商品5選

ミレストおすすめバッグ5選
ミレストの人気商品を5つ紹介します!バッグ選びの参考にしてくださいね。

STLAK バックパック


バックパック大賞を受賞した大人気商品。
ノートPCが収納できるクッション付きスリーブポケットを装備したバックパック。トート持ちもできる2WAY仕様です。簡易ファスナーロック機能付きでバックスタイルも安心です。

オシャレで可愛く旅するなら

STLAKT 3WAYボストンキャリー

 

この投稿をInstagramで見る

 

MILESTO ミレスト(@milesto.jp)がシェアした投稿

こちらもバックパック大賞を受賞した名品。
荷物量やシーンに合わせて使い分けできる3WAYボストンキャリー。キャリーバーを伸ばしてキャリーとして、キャリーバーを収納して手持ちのボストンバッグとして、縦にも横にも取り付け可能な付属のショルダーストラップでショルダーバッグとしても活躍します。

LIKID サイドバックルバック

 

この投稿をInstagramで見る

 

MILESTO ミレスト(@milesto.jp)がシェアした投稿

13インチまでのノートPCが収納できるバックパック。柔らかくマットな素材感がカジュアルなコーディネートにも合わせやすく、ジェンダーレスなデザイン。

耐水圧25,000㎜の強撥水生地を使用。止水ファスナーにより高い撥水機能を実現しています。

オシャレで可愛く旅するなら

MILESTO UTILITYポケッタブルトートバッグ

 

この投稿をInstagramで見る

 

MILESTO ミレスト(@milesto.jp)がシェアした投稿

旅先やおでかけ先で荷物が増えた際に、さっと広げて使える折りたたみトートバッグ。買い物袋としていつものバッグに入れておいても安心です。

荷物の重さによって使い分けできる手持ち・肩掛けの2WAY仕様に加えて、背面はキャリーハンドルに通して固定できる機能とポケットを両立した仕様になっています。

オシャレで可愛く旅するなら

TROT ショルダーバッグ

 

この投稿をInstagramで見る

 

MILESTO ミレスト(@milesto.jp)がシェアした投稿

収納力・軽さ・耐水性に優れたミニマルデザインのショルダーバッグ。

ショルダーストラップにはバックルがついているので、わざわざ肩を通さなくても着脱可能。

手荷物が多い時や上からジャケットを羽織っているシーンなどで便利です。

2WAY でボディバッグとしても使用できます。

オシャレで可愛く旅するなら

【まとめ】ミレストは万人うけする優秀バッグ!

ミレストのはバッグは、知名度の低さやシンプル過ぎるデザインなどから「ださい」と感じる人もいるかもしれません。

しかし、実際は年齢や性別を問わず長く使えるデザインと、高い機能性を兼ね備えた優秀なバッグです。

旅行はもちろん、日常使いでも大活躍間違いなしのミレストのバッグを、ぜひ検討してみてくださいね。

  • この記事を書いた人
あさひな

あさひな

旅行大好きな2児のママ。10ヵ国以上の海外旅行とカナダでのワーホリ経験あり。結婚を機に転勤族の妻になり「場所に捕らわれない働き方」を目指してWebライターとして活動中。子供たちと世界旅行するのが夢。

-旅コラム